我が家が通信教育ポピーを始めた理由。おすすめポイントは?

  • URLをコピーしました!

人気ブログランキング

プロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村
↓今使っている教材
↓引っ越しをラクして希望通りの費用でやりたいなら

写真は全てポピーの公式HPから引用。

目次

はじめに

我が家は通信教育ポピーで家庭学習をしています。ポピーをやる事になったきっかけを紹介します。

我が家がポピーを始めた理由

通信教育と幼児教室の比較

我が家は幼稚園の受験対策で幼児教室に通っていた時期もありましたが、教室に通いながら気づいた事があります。

それは家庭に幼児教室のマニュアルさえあれば、わざわざ教室に通って週の1日の数時間と万単位の高い月謝を消耗しなくてもいい。

通信教育に切り替えれば空き時間に勉強すればいいので子供の遊ぶ時間を減らす必要がない。
通信教育の場合は入会金もいらないし月々の費用もリーズナブル。

ポピーは1日10分机に向かうだけでいい。もしポピーを始めたらすぐに終わってしまうかもしれない。そしたら他の教材も併用したらいい。

費用も幼児教室に通っていた時は月数万円+教材費が年に何回か万単位で飛んでいきます。そして幼児教室の場合は先生によって対応にばらつきがあります。

高い費用を払って週1回時間を取っているのに先生が対応の悪い人だったら目もあてられません。

そうは言ってもご自身のお子さんをどうしても私立の小学校に入れたいのであればどこかの幼児教室を探す必要があるかもしれません。

そういう予定がない方はまずは幼児教室に通うよりも通信教育に切り替えてみては?という提案です。

もちろん幼児教室と併用したい、まだ幼児教育を始めていない、これから何をしたらいいの?という家庭にもポピーをオススメします。

我が家は通信教育を始めるにあたっていろんな通信教育の資料請求をしました。

ポピー以外だと「こどもちゃれんじ」「Z会」「天神」「七田式」「スマイルゼミ」「がんばる舎」の資料請求をしました。

通信教育の目的

幼児教育をする家庭は主に次の目的が考えられます。

先取り学習で周囲をリードしたい。

机に向かう習慣をつくり、読み書き算数をできるようにし、小学校入学に備える。

地頭を良くし、思考力を伸ばせるを叶えたい。

英才教育を施し、ハイレベルの勉強で小学受験や中学受験に繋がる取り組みをしたい。

我が家の教育目的

我が家の教育方針は子供のうちは子供らしく+本人が楽しく勉強できる環境を用意する事。

気軽に幼児教育を始めたいという事もあり最終的に「ポピー」と「こどもちゃれんじ」の2択になりました。

「こどもちゃれんじ」は毎月かわいいおもちゃが付いてくるけど使わなくなった時の事を考えたらめんどくさい。

ポピーはミニマリスト的に付録も付いていなくてグッド!家庭学習を定着する事に特化したポピーに決定。

ポピーは口コミで簡単だと見るので資料請求して学習内容とサンプルを確認し、一つ上の学年のものを取る事にしました。

電話で契約すると特典で付録がつくというので電話で契約しました。

ポピーを運営している新学社

ポピーを運営している新学社は幼児~中学生向けの学習教材の出版社。設立は昭和32年とかなりの老舗企業。多くの家庭から支持されているのが伺えますね。

新学社は「学校・家庭・学習塾」 を結ぶトータルコンテンツメーカーで幼児~中学生向けの学習教材以外にも小学校・中学校向けの学校教材やグループ会社では学習塾教材も発刊しています。

家庭学習教材「月刊ポピー」

「月刊ポピー」を発刊している全日本家庭教育研究会(全家研)は昭和48年に発足されました。全国の幼児から中学生向けの月刊教材「ポピー」を発刊しています。

「ポピー」は、全国で使用されている全ての教科書に対応しています。

ポピーは子育て中の保護者の教育相談・悩み相談に乗ってくれます

ポピーは「日本教材文化研究財団」監修・指導の下、教材や会員サービスを制作し、提供しています。

教育対話部の先生方にもご協力いただいています。

教育対話部の先生方は元校長先生方なので経験豊かなベテランの先生方に相談できるのは安心ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次